コスプレや殺陣に熱気 父子や日イで舞台に ブロックM縁日祭

 南ジャカルタ区ブロックMで22、23両日開かれた縁日祭は多数の来場者でにぎわった。コスプレや日本からのゲストのパフォーマンスを楽しみ、会場は熱気に包まれた。
 22日に行われたコスプレコンテスト「CLAS:H」では、出場者が女子高生やゲームのキャラクターにふんし、自作の演技を見せた。チームの部は、ドラゴンボールのキャラクターで登場した父子コンビ「the ZAHAT」(西ジャワ州ボゴール市)が優勝した。
 コンビは長男フィルギアン・アルファ・イマンダ・ロマス君(11)と、父親のフィルマンダ・ロマスさん(36)で、2008年から活動。今回はロマスさんがつくった衣装とストーリー、BGMに合わせてパフォーマンス。親子で「とても楽しめて、幸せ」と話した。
 坂本龍馬の志を継ぐ「日本橋龍馬会」は、殺陣のパフォーマンスをした。同会は、日本をはじめ、東南アジアや中東で活躍し、来イは初めて。モデルや俳優の三木崇史さん(33)と石田大樹さん(37)、西川俊さん(33)の3人が出演し、聴衆のイ人を舞台に上げ、殺陣を伝授した。
 三木さんは「ほかの国にはない一体感を感じる。熱気がすごい」と話し、「(今回のように)国境を越えて、一つになる。これが龍馬のしたかったことだと思う」と話し、会場の熱気に感動していた。
 来場した西ジャワ州バンドン市在住の大学生、リサさんは今回が5回目の参加。「毎年、来る度に楽しくなっている。もっともっと日本のこと、文化のことを知りたい」と目を輝かせていた。
(大野航太郎、木許はるみ)

■名古屋で世界一に挑戦
 23日、インドネシア・コスプレ・グランプリ(ICGP)の予選が行われ、中部ジャワ州スマランの男性ユニット「ジェネシス・ツインズ」が優勝した。
 名古屋市で行われるワールド・コスプレ・サミットでインドネシア代表として、世界一に挑戦する。(大野航太郎)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly