VCに出資、東南アジアで初 日鉄ソリューションズ  スタートアップ20社支援

 日鉄ソリューションズは18日、ことし4月にインドネシアにオフィスを構えるベンチャーキャピタル(VC)「アルファ・JWC・ベンチャーズ(以下アルファ ・JWC)が運営するファンドに出資したと明らかにした。出資額は非公開。同社が東南アジアでVCに対して出資を行うのは今回が初めて。
 アルファ・JWCは、同社を含む複数社から募った出資を活用し、インドネシアを中心としたスタートアップ企業約20社に投資を行う。ファンドの出資総額は非公開だが、同社ではすでに総額5千万ドル及び1億ドルのファンドを別途運用している。
 日鉄ソリューションズの現地法人、日鉄ソリューションズ・インドネシアの小林啓社長は、ファンドに含まれる投資先から「有望株」として▽中小企業を対象とした与信プラットフォーム「ファンディング・ソサエティ」▽オンラインの法人向け税金申告プラットフォーム「オンライン・パジャック」▽オンラインの中古車マーケットプレイス「カロ」――などを挙げた。デカコーン企業(企業評価額100億ドル以上の未上場企業)のゴジェックや、ユニコーン企業(同10億ドル以上) のトラベロカ、トコペディア、ブカラパックなどのスタートアップ企業を引き合いに出し、「これらの先行事例に続いてくれれば」と期待を寄せる。
 またキャピタルゲイン(売却益)での収入以外にも、 投資先スタートアップ企業のサービスを日鉄ソリューションズ・インドネシアの顧客に紹介したり、本社が持つITのノウハウを技術移転したりするなどしてシナジー(相乗効果)を生み出したい考え。
 日鉄ソリューションズ・インドネシアは2014年に中国、シンガポール、タイに続く海外拠点として設立。15年には地場IT企業のサクラ・システム・ソリューションズを子会社化している。小林社長はインドネシアのIT市場について「人口が多く、今後も成長が期待できる」と説明し、本社にとっても大きな存在だと語った。(高地伸幸、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly