ハラル認証猶予24年まで 食品、飲料が対象

 ハラル製品保証実施機関(BPJPH)は11日、南ジャカルタの日本貿易振興機構(ジェトロ)事務所で、ハラル認証取得などを義務化する「ハラル製品保証法」について、在外公館向けの説明会を開き、食品と飲料で2024年10月17日までを猶予期間とする方針を発表した。ジェトロが明らかにした。
 ハラル製品保証法は14年に公布され、ことし10月17日の施行を予定している。インドネシア領域内で搬入、流通、売買される製品が対象で、適応範囲は食品や飲料、医薬品、化粧品などの製品と、食肉処理、給仕などのサービスが対象。
 食品と飲料から段階的に適応を進めていく方針で、それ以外の製品、サービスについては26年までを猶予期間とする。
 同法ではハラム(イスラムの教義に反する)の原料を用いた製品は認証義務から除外、ハラムであることを明示する必要があるとしているが、具体的な運用については明らかになっていない。
 また、豚やアルコールなどハラムの原料を用いない未認証の製品も「インドネシア域内への搬入は可能」(シティ・アミナ・ハラル製品開発・監督センター長)としており、詳細については6月下旬に公布予定の宗教大臣令などでの細則が待たれる。(大野航太郎)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly