大祭ワイサック各地で 西ジャカルタ寺院に1万人

 仏教徒最大の行事「ワイサック(ブッダの誕生、成道、入滅を祝う日)」の19日、インドネシア各地で祭典が開かれた。

 西ジャカルタ区クボンジュルックの仏教寺院「エカヤナ仏教徒センター」では同日午前、約1万人の仏教徒が集った。2013年のラマダン(断食月)中、爆弾テロの標的になった同寺院では約1週間前から警察が警備を行っており、祭典が安全に実施できるよう準備を進めてきたという。
 ことしのテーマは「ブッダの愛の中で、祖国インドネシアを愛すること。私たち全員が豊かな社会を創造すること」。
 そう話す僧侶のニャナバンドゥさん(35)はじゃかるた新聞の取材に「現在、インドネシアでは多くの対立が生じている。特に大統領選挙後でデモなどが起きている今、まさにわれわれの国を思い、愛する時だという意味でこのテーマを掲げた。心にある全ての愛、思いやりの心をいま一度思い起こす日」と語った。
 地元メディアによると、中部ジャワ州マグラン県の世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡群では18日夜から行事が行われ、インドネシア各地や海外からも仏教徒や僧侶、観光客らが集った。
 式典に出席したルクマン・ハキム宗教相は「宗教省として、全ての仏教徒へワイサックを祝福する。この祝福が全ての人々に幸せと平和をもたらすことを願う。多様性はインドネシアの象徴」などと話した。
 行事では、経文を唱えながら寺院の周りを回り、説法や祈り、瞑想(めいそう)、平和を象徴する灯籠を空へ放つなどした。(上村夏美)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly