PLNと電力供給契約 パティンバン港 インドラマユから

 国営電力PLNは13日、運輸省海運総局との間で、建設が進む西ジャワ州スバン県パティンバン新港への電力供給契約を結んだ。電力は同州インドラマユ石炭火力発電所から供給する。地元メディアが報じた。
 供給する電力は90メガボルトアンペア(MVA)。今後、送電設備などインフラ面を整備する。コンテナ荷役エリアの用地350ヘクタールは、既に確保した。
 第1工期に含まれる自動車ターミナル建設の進ちょく率は25%。
 パティンバン港建設に対しては、総額1189億600万円の円借款が償還期間40年で供与される。
 ウィジャヤ・カルヤとプンバングナン・プルマハン(PP)の国営建設2社、五洋建設と東亜建設工業、りんかい日産建設(本社・東京都港区)の日系3社も事業に携わっている。
 ターミナルの埋め立てや建設、防波堤や連絡橋の整備などを進め、20年頃の自動車ターミナル先行運用開始を目指す。
 北ジャカルタのタンジュンプリオク港の混雑が深刻化する中、新港の建設はジャカルタ東部の製造業にとって、貿易面の負担減につながるメリットがある。(平野慧)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly