石油・ガス生産堅調 国家予算目標の89% SKKミガスが強調

 エネルギー鉱物資源省傘下の石油・ガス上流事業監督機関SKKミガスは8日、ことし1~4月までの石油・ガス産出量が1日当たり18億バレル相当で、国家予算目標の89%の達成度だったと発表した。
 ドゥイ・スチプト長官は会見で、「主なプロジェクトだけでも11件で、年内に生産を開始する。年間目標は達成可能だ」と楽観視していることを強調した。
 石油資源開発と三菱商事が資本参加している、バリ島北方のカンゲアン鉱区のガス田を開発、採掘を手がけるカンゲアン・エナジー・インドネシア(KEI)が3月、同鉱区の2カ所のガス田で新たに生産を開始している。将来的には日量最大500万立方メートル規模の天然ガスを生産する予定で、ミガスも期待をかけている。
 1~4月までの期間の石油・ガスの上流分野(開発、採掘、生産など)への投資額は、選挙前という状況もあり31億7千万ドルだった。年間では147億9千万ドルを目標にしているが、達成への道のりは険しい。(平野慧)









経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly