三菱自3000台 スズキ1300台  IIMS受注数

 三菱自動車ブランドの乗用車、軽商用車販売を行う三菱モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)は6日、インドネシア国際モーターショー(IIMS)で、目標を上回る3104台を受注したと発表した。新型キャリーを世界初公開したスズキ・インドモービル・セールス(SIS)の受注台数は計1341台で、昨年を下回った。2020年のIIMSは4月9日~19日に行われる予定。
 主催のディアンドラ・プロモシンドは5月3日までの取引総額が3兆1千億ルピアと発表した。3日までに売上高を提出していないブランドもあり、4、5両日の未集計分と合わせれば目標の4兆6千万ルピア達成は可能とみている。来場者数目標は累計53万人、3日までの来場者数は同42万5千人だった。
 MMKSIは受注の約7割をエクスパンダーが占め、目標台数の2700台を上回った。一方、SISは小型多目的車(MPV)新型エルティガを世界初披露した昨年の1411台から落とした。新型キャリーの受注台数は305台。
 また今展示会で発表された東風小康汽車(DFSK)のSUV「グローリー560」、ウーリンのMPV「コルテスCTターボ」が注目を集め、中国勢の躍進が見られた展示会になったとの指摘もある。(大野航太郎)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly