イスラムファッション祭典 和柄、アニメ仕様ヒジャブ 日本の市場拡大も期待

 イスラムファッションの祭典「Muffest 2019」が中央ジャカルタのジャカルタ・コンベンションセンター(JCC)で1日、4日までの日程で開幕した。約220店のブースが出店、日本ゆかりのデザインやスポーツヒジャブなどが登場した。イスラムファッションの消費額は増加傾向にあり、日本での市場拡大も期待されている。
 ブランド「SYNCHRONIZED SOULS」は、秋葉原の「ギークカルチャー」や韓国のポップカルチャーと融合したデザインが特徴。学生らがデザイナーを務め、3ブランドがコラボして、このブランドを立ち上げた。ファッションショーで、アニメキャラクターに似た色合いのコーディネートや日本語が書かれた衣装を披露した。
 ブランド「DS MODEST FASHION」は、桜や寺、もみじ柄のヒジャブを出店した。「日本には美しい風景がたくさんある」(担当者)と、4月から日本のパートナーと共同開発している。
 水着やジャージなどのスポーツウェアの展示も。ブランド「ARKTIV」は、吸水性に優れた商品を発売。東京マラソンに出場したインドネシア人モデルが、このブランドの商品を着て、出場した。
 Muffestはことしで4回目。インドネシアファッション協議会(IFC)が主催した。2018年は約5万人が来場し、期間中の取引額は389億ルピア。今回の取引額は450億ルピアを目標にしている。
 地元メディアによると、世界でのイスラムファッションの消費額は年間27000億ドルに達し、23年には3610億ドルと推計されている。インドネシア国内の消費額は、年間200億ドルで年十数%のペースで増えている。ファッション製品の輸出先として、イスラム圏のほか、米国や日本も挙げられている。(木許はるみ、写真も)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly