ロシア人容疑者射殺 バリ島南クタ 両替店で9.8億ルピア強奪

 19日午前0時15分(インドネシア中部時間)ごろ、バリ島南クタのタンジュンブノア付近の両替店に、外国人グループが押し入り、現金9億ルピアと5600米ドル(約7900万ルピア)を奪った。従業員は無事だった。デンパサール市警察は21日までに、ロシア人容疑者1人を射殺し、強盗の疑いでロシア人とウクライナ人の2容疑者を逮捕したと発表した。地元メディアが報じた。
 調べによると、店の監視カメラ映像などから、2人が乗用車で両替店に乗りつけ犯行に及んだとみられ、ナイフを所持していた。
 犯行後、仲間1人が運転する別の乗用車でジンバランのギリ・クンチャナ通りに入り、近くに止めてあったオートバイに乗り逃走しようとした。張り込んでいた警察が逮捕を試みたが、ナイフで抵抗されたため実行犯のロシア人の男(44)を射殺し、一緒にいたロシア人の男(40)を逮捕した。その後、運転手役のウクライナ人の男(42)をジンバランのコス(下宿)で逮捕した。
 同市警は、他に1人が犯行に関わったとみて調べている。強盗罪で有罪となれば最大で禁錮12年が科される。(中島昭浩)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly