250社が出展、アピール JCC 建材、インテリア展

 中央ジャカルタのジャカルタ・コンベンション・センター(JCC)で14〜17日、建築材料やインテリアデザインなどの展示会「メガビルド・インドネシア」が開かれた。国内企業のみならず、日本や韓国、台湾など約250社が出展し、最新の技術やデザインなどをアピールした。

 初出展のテンフィールズファクトリー(本社・京都府精華町)は、キッチンやソファなどの完全オーダーメード家具を紹介。家具市場で存在感が大きいヨーロッパの部品を使って家具を作り上げており、高い品質をアピールしたいという。中間層、富裕層をターゲットにする。まずは販売代理店を見つけて、販路を開拓していきたい考え。
 同社のメーン事業は太陽光パネルの販売、太陽光発電所の建設で、ほかにもダーツのディーラーやカフェなどさまざまな事業を手掛ける。
 インドネシアでは家具事業やほかの製品、商材で何が需要に合うのかを見つけていく。  
 フィリピンの同社現地法人の中川真作副社長は「インドネシアは人口が多く市場も大きい。ポテンシャルはすごく高いと思う。フィリピンに次ぐ、海外2拠点目としていく」などと話した。(上村夏美、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly