五輪 正式招致へ 2032年夏季 大統領、IOCに書簡

 インドネシアは2032年夏季五輪を正式に招致する。正式に立候補する旨のジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領の書簡が、国際オリンピック委員会(IOC)に提出されたことが19日、分かった。実現すれば東南アジア初開催となる。候補都市は示されていない。
 書簡はIOCのトーマス・バッハ会長宛てに11日、提出された。
 ムリアマン・ダルマンシャ・ハダッド駐スイス・インドネシア大使は、スイスの首都ベルンでIOCのクリストフ・ドゥビー・エクゼクティブ・ディレクターと面会後に、「(18年の)アジア大会やアジアパラゲームの成功で、IOCは、インドネシアは(大規模な国際総合スポーツ大会を)開催する力があると認識している」と好感触を示した。
 五輪招致は18年アジア大会閉会式前日の9月1日、大会視察のため来イしたバッハ会長との会談でジョコウィ大統領が表明した。主要20カ国・地域(G20)入りや今後世界4位の経済大国になるという大きな目標をアピールする絶好の機会になると意欲を見せている。
 32年の開催国は24年中には決まる予定。現段階で招致の意向を表明している国は、2国共同開催をソウルで目指す南北朝鮮とオーストラリアのブリスベン、インドのムンバイ、中国・上海など。
 夏季五輪は今後、20年に東京、24年にフランスのパリ、28年に米ロサンゼルスで開催される。(中島昭浩)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly