いしがまやハンバーグ  プラザ・インドネシア 海外初オープン

 きちり(本社・大阪市中央区)は15日、中央ジャカルタ区の高級モール「プラザ・インドネシア」5階のルミネ・ジャカルタ内に、牛肉を使ったハンバーグ店「いしがまやハンバーグ」をオープンさせる。
 海外進出初の1号店で、主力メニューである独自の石窯で焼き上げたハンバーグのほか、ジャカルタのみで楽しめるオリジナルメニューも取りそろえた。
 ハンバーグは豪州、米国から厳選して輸入した牛肉を使用。同店の特徴である、独自に開発したハンバーグ専用石窯で、時間をかけてふっくらとジューシーに焼き上げたハンバーグを提供する。ステーキに使われるような良質な肉を使っているという。
 12日には、オープンを記念したイベントが開かれた。海外初進出にジャカルタを選んだ理由について、きちりの城所将太ゼネラルマネジャーは「信頼できる現地パートナーがいた。また、インドネシアはますますこれから成長が見込める」と語る。
 初の海外進出で新たに、石窯で焼くデザートのハニートーストなどメニュー4品を加えた。また、日本ではしょうゆベースのオリジナルソースのみだが、国内では5種のソースをそろえた。
 いしがまやハンバーグは、きちりが手掛ける主力ブランドの一つで、2010年に日本の吉祥寺で1号店をオープン。現在は国内で、約20店舗を展開している。
 城所ゼネラルマネジャーは「こだわりのハンバーグと真心のこもったホスピタリティーを提案、提供し、健康的でおいしい日本の食文化を広めたい」と述べた。(上村夏美、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly