石炭ガス化計画始動 国営2社と米大手 リアウで来年着工

 国営石炭大手ブキット・アサムと国営石油ガス・プルタミナ、米系産業用ガス大手エア・プロダクツ・アンド・ケミカルズはこのほど、石炭ガス化工場建設プロジェクト開始を発表した。地元メディアによると、工場はリアウ州インドラギリ・フル県プラナプに建設。ガス化によりジメチルエーテル(DME)を製造する。現在は事業可能性調査(FS)段階で、2020年着工、22年完工を目指す。
 3社は昨年11月に提携の覚書を調印。ことし1月には合弁設立に向けての覚書を交わしている。プラントへの石炭供給量は年間920万トン、DMEなどの生産能力は同140万トン。
 ブキット・アサムが石炭を供給し、プルタミナが最終製品として加工する事業をエア・プロダクツが技術的に支援する。
 DMEは液化石油ガス(LPG)の代替可能ガスとして国内で注目が集まっている。LPGの約7割を輸入に頼っている現状で、貿易収支改善やLPG価格安定に寄与するとして政府も生産を奨励している。
 ブキット・アサムとプルタミナは、国営肥料製造ププック・インドネシアと石油化学大手チャンドラアスリ・ペトロケミカル(CAP)とも提携して、南スマトラ州エニム鉱区で石炭ガス化事業を進めている。(平野慧)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly