監視カメラで摘発 800台の車両登録証停止 タムリン、スディルマン通り

 警視庁交通局はこのほど、2018年11月から開始した監視カメラによる交通違反取り締まりで、罰金未払いの計800台に車両登録証(STNK)停止処分を下したと発表した。罰金を払えば解除される。
 このうち多くを占めるのは四輪。他にも違反切符を送付し、罰金の支払いを命じた違反者がいるため、さらに数は増えるとしている。
 監視カメラによる取り締まりは、中央ジャカルタのモナス(独立記念塔)広場南端のアルジュナ戦勝像前、サリナデパート前の交差点で開始され、現在タムリン、スディルマン両通りで計81台の監視カメラが設置されている。今後、さらに範囲を拡大していく計画。
 南ジャカルタ区スマンギの警視庁交通管理センター(TMC)では24時間体制で監視、高性能カメラで鮮明に映し出る違反者のナンバーを割り出している。(上村夏美、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly