「インスタ映え」 パシフィックプレイス お菓子の家、若者に人気

 南ジャカルタのパシフィックプレイスモール1階の一角にこのほど、菓子をイメージした作品などと写真撮影を楽しむことができる空間「ハウスオブスイーツ(お菓子の家)」が特設された。「インスタ映え」の写真スポットとして、若者たちの間で人気となっている。2月14日まで。

 「お菓子の家」は、有名女優のチャチャ・フレデリカさんとその友人らが手掛けたもの。写真撮影を楽しんでもらおうとデザートスイートをテーマに、かわいらしい空間をつくり上げた。
 特設会場の広さは500平方メートルで、全九つの写真撮影コーナーに分かれており、ほかにはオリジナルカフェやグッズ販売の売店がある。
 企業とコラボをしているコーナーが多い。角には、「カパル・アピ(蒸気船)」コーヒーのロゴがついたコーヒーカップや船が並ぶ。カップの中に入って撮影を楽しむ人の姿もあった。「エクセルソ」のロゴ近くには、大きなコーヒー豆が置いてある。
 また、インドネシアのハラル化粧品ブランド「ワルダ」からは、黄色いカラーボールがたくさん入ったプールをイメージした空間と、ミラールームが。カラーボールのプールでは、浮輪なども置いてある。ほか、インドネシアの伝統薬である「トラックアンギン」の黄色い箱を大きくした置物があったり、ツリーなどが飾られる冬の部屋、ドーナツの部屋などがある。
 カフェは、アイスクリームブランドの「マグナム」とコラボしている。マグナムアーモンド、キャラメルミルクセーキやアイスなどを楽しむことができる。隣には、「ユニコーン」のハンドバッグやぬいぐるみ、ペンなどが販売されている。
 午前10時から午後9時まで。入場料は、平日7万5千ルピア、週末10万ルピア。(上村夏美、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly