「殺人者マルリナ」に栄冠 インドネシア映画祭  10部門で最優秀賞

 国内で最も歴史と権威があるインドネシア映画祭(FFI)が9日、中央ジャカルタの文化施設タマン・イスマイル・マルズキ(TIM)で開かれ、気鋭の女性監督、モウリー・スルヤさんの2017年作品「マルリナ・シ・プンブヌ・ダラム・ウンパット・ババック」(邦題・殺人者マルリナ)が22部門中、作品賞を含む10部門で最優秀賞を獲得した。地元メディアが報じた。 

 「殺人者マルリナ」は国内で撮影されながら西部劇のような情景と音楽で展開するのが特徴。虐げられた女性の活躍を描く。FFIで最優秀賞を受けたのは作品賞のほか、監督賞、主演女優賞、撮影監督賞、脚本賞、美術監督賞、音楽監督賞など。
 この作品は17年11月に日本で行われた、アジアを中心に独創性の強い作品を集めた映画祭、第18回東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞している。モウリーさんは東京都などが主催する人材育成プログラム「タレンツ・トーキョー」の修了生でもある。
 モウリーさんは最優秀監督賞を受賞した際、「映画監督を夢見る女の子は自信を持ってほしい。珍しいのは確かだが、不可能ではない」と語った。(大野航太郎)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly