ゴジェックCEO ナディム氏を選出 米ブルームバーグ 「2018年の50人」

 米ブルームバーグが6日発表した「ことしの50人」に、地場系オンライン配車サービスのゴジェック創設者のナディム・マカリム最高経営責任者(CEO)が選ばれた。食事のデリバリーや家の清掃など多種多様なサービスを展開、東南アジア各国へ進出している点が評価された。
 ナディム氏は1984年シンガポール生まれ。国籍はインドネシア。2006年米ブラウン大学国際関係学部卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタントを務めた後、米ハーバード大学経営大学院でMBA取得。ファッション通販サイト「ザロラ・インドネシア」や電子決済サービス「カルトゥク」を経て、10年ゴジェックを立ち上げた。
 手軽にオートバイや車を呼べるスマートフォンの配車アプリを開発。深刻化する渋滞に悩む市民の足として受け入れられる一方、新たな雇用機会を生み出し、現在100万人以上の運転手を抱える。1カ月の受注数は1億件を超えるという。個人経営が8割を占める食品サービス提供者は30万件に上る。
 近年は電子決済サービス「ゴーペイ」の拡充に注力。米グーグルなどから資金を調達し、ことしに入り東南アジア各国へ進出、ベトナムやシンガポールでサービスを始め、タイやフィリピンにも現地法人を設立した。
 インドネシアを代表するユニコーン企業に成長させたナディム氏は、ブルームバーグの50人に選出されたのを受け、「われわれはプラットフォームを提供しているが、運転手や出店者の皆さんが利用者に満足してもらい、社会のための価値を創り出している」とコメント。今後数年で「技術を利用し、社会進化の次の段階に進む」ことを目標に掲げる。
 ブルームバーグのことしの50人には、韓国ヒップホップグループのBTS(防弾少年団)や米歌手テイラー・スイフト氏、スウェーデンの音楽配信サービス「スポティファイ」創設者ダニエル・エク氏などが選ばれた。(中島昭浩)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly