労働者集団殺害認める パプア独立派 「兵士だ」と主張

 パプア州ンドゥガ県の山間部で起きた武装集団による労働者集団殺害事件について、先住民の独立派武装組織「自由パプア運動」(OPM)の軍事部門とみられる「西パプア民族解放軍」(TPNPB)は6日までに、関.....

総文字数 :641文字 残り541文字
この記事は有料記事です。デジタル版の申込みはこちらから。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly