ASEAN展開へ 世界遺産ウオーク

 第10回ジョクジャカルタ世界遺産ウオーク実行委員会は16日、同特別州内のホテルでインドネシア政府関係者やウオーキング大会の国際団体、各国ウオーキング組織などを招いた会議を開催。ジョクジャカルタ世界遺産ウオークをモデルにした東南アジア諸国連合(ASEAN)内でのウオーキング大会の開催を呼び掛けた。
 実行委員会は現状の国際大会は西欧が中心で、気温の下がる11月以降には国際的な大会が行われていないと指摘。この時期に温暖なASEAN10カ国の38の世界遺産をめぐるウオーキング大会のコースを作り、世界中のウオークファンを招く構想を提案した。
 日本からは日本ウオーキング協会(JWA)などが参加し、日本国内では高齢者の健康維持のためにウオーキングが注目されていると指摘、JWA関係の大会だけでも年4千のイベントがあり、延べ約300万人が参加していると紹介。ASEAN各国も同様の状況になり得るとし、健康寿命を伸ばすためにもウオーキング大会の普及が効果的とした。
 実行委員会らは2019年初頭にASEANと外務省主催による国際会議の実施を目指す。
 会議を主導したロイヤル・シルク財団の黒田正人さんは「今後4年でラオスやカンボジアでの国際大会を開催したい」と話した。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly