破壊地域復興手つかず 見通しなく住民に怒り マラウィ戦闘終結から1年

 橋から街の中心部を眺めると、道の両側に並ぶ建物に無数の弾痕がくっきり残っていた。クリーム色や薄青の壁はくすみ、窓や壁、屋根すらなくなった建物には人の気配がない。がれきの上にはツタなど雑草が生い茂って.....

総文字数 :1482文字 残り1382文字
この記事は有料記事です。デジタル版の申込みはこちらから。

HALO-HALOフィリピン の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

アジア大会NEW

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

有料版PDF

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly