自衛隊輸送機が到着 救援物資荷下ろし 地震・津波被災地パル

 中部スラウェシ地震・津波の被災者支援に当たるため、日本からの救援物資を載せた航空自衛隊のC130輸送機1機が6日午前、地震被災地の中部スラウェシ州パル市のムティアラ・シスアルジュフリ空港に到着した。
 同機は隊員約40人が乗り組み、今回活動拠点とする東カリマンタン州バリックパパンから到着。日本政府が国際協力機構(JICA)を通じて供与する、テント500張り、浄水器20台、発電機80基など計約9トンを、インドネシア国軍兵士、自衛隊員らが協力して荷下ろしした。
 同機は国際援助隊として派遣されたもので、引き続き、バリックパパンからパルへ救援物資を輸送する任務に当たる。
 援助隊を指揮する太田将史一等空佐はパル到着後、「上空から見て、甚大な被害が確認できた。一刻も早く、援助ができるようにし、任務を完遂していきたい。(被災者の)心に寄り添いたい」と記者団に語った。
 また、インドネシア当局の要請に基づき、支援に当たる各国と調整しながら、C130輸送機1機による空輸を続けるとの方針を述べた。
 日本外務省によると、これ以降は、主にインドネシアの物資を運ぶことになりそうだ。
 ムティアラ・シスアルジュフリ空港は、救援物資や人員を被災地へ送り込む拠点となっており、インドネシア国軍のC130輸送機や、救援団体のチャーター機などが頻繁に離着陸。ターミナルビル付近には段ボール箱などが山積みされている。 (米元文秋、写真も、2、12)面に関連

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly