5.2%成長で据え置き インフレ安定を評価 世界銀行

 世界銀行は20日、南ジャカルタで開いた経済講演会でインドネシアのマクロ経済の相対的なファンダメンタルを評価、通貨安や貿易収支の悪化などの懸念要因はあるが、2018年年間の実質国内総生産(GDP)成長率を5・2%に据え置いた。インフレ率が安定的に推移していることなどが評価された。
 インフラ整備の遅れなどを背景に19年予測は5・3%から5・2%にわずかに下方修正した。
 世銀インドネシア事務所のロドリゴ・チャベス代表は為替介入や政策金利引き上げなどの政策を「堅実であり、不確実性の中で経済の回復力を高めている」と評価した。
 一方で輸入抑制策である、消費財に対する関税引き上げがインフレ率を高め、個人消費を低迷させる可能性もあることを懸念要因として挙げた。
 また、フィリピンなどと比較して内需依存型の経済の課題を指摘し、「インフラ整備と共に輸出が伸びていくことを期待する」と話した。(平野慧、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly