京阪が現法設立 ゴルフリゾート開発へ

 不動産開発大手ジャバベカグループのガハラブアナ・チカランは5日、中央ジャカルタ・タナアバンのムナラ・バタビアで、京阪電鉄不動産(大阪市)、ナイス(横浜市鶴見区)と不動産開発の合弁会社設立で合意したと発表した。
 資本比率はガハラブアナ・チカラン49%、京阪電鉄不動産48%、ナイス3%。西ジャワ州ブカシ県チカランで2・7ヘクタールのゴルフリゾート開発を手がける予定で、ジャバベカグループ内でも最大規模のプロジェクトになるという。
 京阪電鉄不動産の道本能久社長はインドネシアについて「ASEAN(東南アジア諸国連合)内でも若い世代が多く、市場のポテンシャルが非常に高い」と評価。プロジェクトについては「ぜいたくでユニークなゴルフリゾートにしたい」と述べた。(大野航太郎)

企業進出/新規投資 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly