【ジャカルタ日本祭り特集】60周年、友好の「プンチャック」 8、9日、第10回ジャカルタ日本祭り 音楽フェスも開催

 日本とインドネシアの友好を深めるイベント「第10回ジャカルタ日本祭り」(JJM、主催・JJM実行委員会、協力・ジャカルタ特別州政府、在インドネシア日本大使館、後援・ジャカルタ・ジャパンクラブ=JJC、じゃかるた新聞)が8、9両日、中央ジャカルタ区スナヤンのブンカルノ競技場内で開かれる。日本インドネシア国交樹立60周年に節目を迎えるJJMは、例年に増して大きな盛り上がりを見せそうだ。今回は日本とインドネシアの著名アーティストが参加する音楽フェスティバルが同時開催される。

 今回のJJMは「日イ国交樹立60周年記念事業のプンチャック(頂上)」(小林一則実行委員長)の一つとして位置づけられている。目標来場者数は2日間合計で4万人。会場が、南ジャカルタ・パンチョランのアルディロン広場からブンカルノ競技場内に変更になるなどトラブルにも見舞われたが、関係者らの奮起で日時の変更もなく開催に至った。
 ことしのテーマは3年連続で「Indonesia & Japan Always Together(インドネシアと日本はいつも一緒)」。長く深い関わりを持つ日本とインドネシアが、これからも固い絆で結んで歩んでいけるように、との思いが込められている。
 大イベントに成長したJJMだが、草の根的な文化交流活動が続けられている。ことしは会場内に折り紙など日本の遊びを楽しめる交流広場が設けられ、来場者の憩いの場となる予定だ。インドネシアからはステージでジャカルタ土着であるブタウィ文化の舞踊などが披露されるという。
 またJJM常連の「en塾(エンジュク)」なども、節目のことしは例年よりも準備を重ねた公演を予定している。第18回アジア大会公式ソングの日本語版を担当し、話題沸騰中の加藤ひろあきさんや、昨年初出演した広島市のインディーズバンド、deneb(デネブ)のメンバーも参加する。
 同時開催される音楽フェスティバルには、日本からは代表曲「未来へ」のカバーがインドネシアでヒットしているKiroroや、JKT48の姉妹グループ、AKB48の一部メンバーが参加する。
 インドネシアからはシンガーソングライターのイシャナ・サラスファティ、ファッションリーダーとしても活躍する歌手のアンディン、国内外から多数の賞を受賞しているライサが参加。これまでにない豪華アーティストによるステージに、期待が高まる。(大野航太郎)

別刷り特集 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly