【ジャカルタ日本祭り特集】次の60年につなぐ 劇団en塾

 インドネシア人大学生らによる日本語ミュージカル劇団「en塾(エンジュク)」はことし、日本インドネシア国交樹立60周年を機に新作した2曲を持って参加する。顧問の甲斐切清子さんは「これからの時代をつくる若者の、本気の舞台を見せたい」と意気込んでいる。
 新曲のタイトルは「君の言葉で歌いたい」と「GENERATION LINK」。君の言葉で歌いたいは2017年に初出演した広島市のバンド「deneb(デネブ)」が作曲として参加したほか、インドネシアにゆかりのある邦人やインドネシア人計約300人が出演するプロモーションビデオも制作された。
 GENERATION LINKはen塾の完全オリジナル曲。甲斐切さんは「これまで日イ関係を築いてきた大人たちが過去をさかのぼるだけではなく、これからの60年を担う若い人たちにどうつなげていくかが大切。若者が過去とリンクしなければ先は開けない」とこの曲に込めた思いを語る。
 en塾は08年9月、中央ジャカルタ区クマヨランで行われた日イ国交樹立50周年記念イベントをきっかけに活動を開始した。約10年にわたり日イ関係を支えてきた同劇団が、節目のことしにどんなパフォーマンスを見せるのか。期待が高まる。(大野航太郎)

別刷り特集 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly