2032年五輪招致へ 金31個でイ総合4位 アジア大会閉幕 日本は75個2位

 第18回アジア大会は2日、閉会式を迎えた。インドネシアは金メダル獲得数31個で総合4位に入り、目標を達成した。ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は「より大きな大会を開催できる」と述べ、2032年夏季五輪招致を計画すると発表した。日本は金75個で2位。大会MVPには競泳で金6個を獲得した淑徳巣鴨高校(東京)3年の池江璃花子(18)が選ばれた。
 閉会式は開会式と同じ中央ジャカルタ区スナヤンのブンカルノ競技場メーンスタジアムで開かれ、韓国の人気アイドルグループ「スーパージュニア」ら国内外のアーティスト18組が出演し観客を沸かせた。ジョコウィ大統領は、同日訪れた地震被災地ロンボク島の仮設テントで収録した映像を通じ、「本当のエナジー・オブ・アジアを見せてくれた選手らに感謝する。(国を超えて)一つになることは世界を良い方向に向かわせる」とあいさつした。大会組織委員会(INASGOC)によると、閉会式のチケット5万5千枚は完売。うち20%は来賓やスポンサー向けという。
 主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)の旗、第1回大会が開かれたニューデリーで採火した聖火や大会旗は、ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事らから、次回22年大会を開催する中国・杭州側に手渡された。閉会式には杭州出身の中国アリババグループ創業者ジャック・マー氏も出席した。
 閉会式前にはOCAが会見を開き、池江選手を大会MVPに選出した。創設された1998年バンコク大会以降、日本人選出は4人目。池江選手は「本当に素敵な賞をいただけたことを光栄に思う。自分の最高のパフォーマンスで6冠を達成できた国なので、すごい思い出のある国」と話し、20年東京五輪でも最高の結果を出せるよう努力を続けると誓った。
 史上最多の全42競技465種目で465個の金メダルが生まれた今大会。1日のセパタクロー男子クアッド(4人制)で優勝したインドネシアは、16日間の大会期間中に金31個、銀24個、銅43個の計98個のメダルを獲得。初めてアジア大会を自国開催した1962年の金11個、銀12個、銅28個の計51個を大きく上回り、史上最多を記録した。初採用された地元発祥の伝統武術プンチャックシラットでの優勝が大きく、目標の金16個も達成した。
 金メダル獲得数による総合順位では、参加45カ国・地域中、インドネシアは3位韓国(49個)に次ぐ4位。首位は中国で132個、日本は75個で2位だった。5位は21個のウスベキスタン。東南アジアでは12位タイ(11個)、14位マレーシア(7個)、17位ベトナム(4個)、18位シンガポール(4個)など。
 韓国と北朝鮮の合同チームは3競技に出場し、カヌーのトラディショナルボート500メートルで金1個、他種目で銅2個、バスケットボール(5対5)女子で銀1個の計4個を獲得し、レバノンと同率の28位だった。
 ジョコウィ大統領は1日、西ジャワ州ボゴール市のイスタナ(大統領宮殿)で国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らと会談後、「このアジア大会の経験をもって、インドネシアはより大きな大会を十二分に開催できる力があると信じている」と強調、2032年夏季五輪招致を早期に計画する考えを示した。バッハ会長はインドネシアのホスピタリティーと一体感を高く評価、「オリンピックを成功裏に開催させるための全てを持っていることを示した」とたたえた。
 10月6~13日には、障害者向けのアジアパラゲームがジャカルタ特別州で開かれる。(中島昭浩、写真も)

アジア大会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly