ソフト日本5連覇 在留邦人が応援

 アジア大会ソフトボールは24日、中央ジャカルタ区スナヤンのブンカルノ競技場内で決勝戦が行われ、日本が台湾を7―0で下して5連覇を達成した。会場には選手が所属するトヨタ自動車や豊田自動織機、デンソーなどの関連法人から多数の在留邦人が駆けつけ、日本の快挙を祝った。
 試合は上野由岐子(ビックカメラ高崎)が先発し、3回まで無失点に抑えた。打撃では山本優(ビックカメラ高崎)の本塁打や洲鎌夏子(豊田自動織機)の二塁打などで2回までに7点を先取。大会規定により5回コールド勝ちとなった。
 応援に駆けつけたデンソー・セールス・インドネシアの池田明嗣社長は「日本は断トツの強さだった。選手が活躍して日本のことを印象付けてくれてうれしい。これを励みに2年後(東京五輪)も頑張ってほしい」と笑顔で話した。(大野航太郎、写真も)

アジア大会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly