株価・為替変動は穏やか 閣僚ら安定を強調 スラバヤテロ

 13〜14日に東ジャワ州で続発した爆弾テロ事件を受けて、ルピア売りや株価急落を不安視する声もあるが、現状大きな変動は起きていない。閣僚らはインドネシア経済のファンダメンタルの強さを強調し、市場の混乱は小さく、短期で収まる見通しを示している。
 インドネシア証券取引所(IDX)の総合株価指数(IHSG)は14日、午前中5853.44ポイントまで下がったが、最終的には5947.15ポイントまで回復して取り引きを終えた。
 ルピアの対ドル相場も同日午後6時時点で1ドル=1万3973ドルで、振れ幅は小さかった。
 スリ・ムルヤニ財務相は地元メディアにテロに対して関係当局が適切、迅速に対応することこそ「投資家の信頼を獲得することにつながる」と話した。今回のテロが10月にバリ島で開催される予定の世界銀行と国際通貨基金(IMF)の年次総会の開催に影響せず、政府としても治安対策に努力していると説明した。
 バンバン・ブロジョヌゴロ国家開発計画相は「インドネシアが安全だと証明することで、長期的な投資や観光の伸びを阻害することはないと思う」と語った。日系投資アナリストには「2000年代にバリ島で起きたテロと比較すると、経済に直接的に与える打撃は大きくないかもしれない。しかし、過去にパキスタンがそうであったように、場所を変えて発生件数も増える状況になると投資家心理に響く」と指摘する声もある。(平野慧)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

アジア大会NEW

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

有料版PDF

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly