FC東京、国内王者下す 日イクラブが親善試合

 JリーグのFC東京とインドネシア国内リーグ王者バヤンカラFCが27日、中央ジャカルタ区スナヤンのブンカルノ競技場メーンスタジアムで親善試合を行い、FC東京が4—2で勝利した。16歳の久保建英が2得点と活躍し、インドネシア人サポーターからも歓声が上がった。 

 FC東京は前半3分、森重真人選手のヘディングで先制したが、追加点を奪えず前半が終了。後半、ダビド・アパレシド・ダ・シバを中心にしたバヤンカラFCの攻撃で立て続けに2点を奪われ、逆転を許した。途中出場した久保がボレーシュートで同点にすると、元日本代表の前田遼一が逆転弾をたたき込み、終了直前には久保が追加点を奪って試合を決めた。
 2015年に改修前の同スタジアムで、国内クラブとの試合を経験しているFC東京の長谷川健太監督は試合後、「サッカーに集中できる良いスタジアムになった。インドネシア人選手のレベルも上がっている」と話した。バヤンカラFCのサイモン・マクメネミー監督は、「アジアトップクラスのリーグに所属するチームと良い試合ができたことをうれしく思う」と語った。
 試合はJリーグの提携国で開催するプレシーズンマッチ「Jリーグ・アジアチャレンジ」の一環。日イ国交樹立60周年記念事業運営委員会が特別協賛し、FC東京に送られた記念プレートの授与式には石井正文駐インドネシア大使が参加した。(大野航太郎、2面に関連)

日イ国交樹立60周年 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly