東京でレセプション 日イ国交樹立60周年記念

 インドネシアと日本の国交樹立60周年を祝う記念レセプションが24日夜、東京都目黒区の駐日インドネシア大使公邸で開催された。日本インドネシア協会の福田康夫会長をはじめ、日本の政財界の要人約130人が参加、厳しさを増す国際環境の中で両国の友好関係強化を誓い合った。
 公邸の中庭には22〜23日に降った雪が残り、雪見のレセプションとなった。冒頭あいさつに立ったアリフィン・タスリフ駐日本大使は「1958年の国交樹立から77年の福田ドクトリン、97年のアジア通貨危機なども含めて、日本はインドネシアをバックアップしてくれた。感謝したい」と述べた。また「日本の進出企業は470万人を雇用し、日本のプレゼンスは国内総生産(GDP)の6%を占めている。さらに日イの旅行者は双方で年間100万人に近づき、交流が活発になっている。日本には4万2千人のインドネシア人が暮らし、うち5600人が留学生。両国関係促進に役立つことを期待したい」と話した。
 日本側は堀井巌・外務政務官のあいさつに続いて、福田会長が「60年というけれど、当時私はまだ学生だった。今やインドネシアと日本は自由、民主主義、人権、法の支配の四つを共有している。尊敬し合う関係を発展させることを願う」と述べ、乾杯の音頭を取った。
 会場ではお祝いごとに使う定番料理のナシ・クニンが出され、アリフィン大使自ら取り分けた。また、インドネシアの高校生が考案した60周年のロゴマークをデザインした記念切手の発表も行われた。(小牧利寿、写真も)

日イ国交樹立60周年 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly