登場アーティスト盛り上げ 60周年オープニングイベント

 西ジャカルタ区コタトゥア地区のファタヒラ広場で19日に開かれた、日イ国交樹立60周年記念事業のオープニングイベントでは、降雨により開始が1時間程度遅れたが、60周年親善大使がステージに上がりあいさつ。さらには、アーティストや歌手が集まった多くの来場者を楽しませた。
 ジャカルタ歴史博物館(ファタヒラ博物館)をスクリーンにして映し出すプロジェクション・マッピングが投影されると、会場から歓声が湧き上がり、多くの人がスマートフォンを掲げて写真を撮っていた。マッピングは、日本とインドネシアの歴史やインドネシア各地の風景、ジャカルタの町並みなどを次々投影。博物館の全体がスクリーンになるだけに迫力は満点。広場は巨大な野外シアターに変わり、観客は映像を堪能していた。
 インドネシア人大学生らによる日本語ミュージカル劇団「en塾(エンジュク)」は「ダンシングインドネシア」や「桜よ」を披露した。歌手のピコ太郎さんやアイドルグループのJKT48が登場すると、会場は大いに盛り上がった。
 ファタヒラ広場の周辺の露天商のルディヤントさん(34)は「日本の文化に触れることができるすばらしい催しだった。プロジェクション・マッピングを見て日本に行ってみたいと思った」と笑った。(平野慧)

日イ国交樹立60周年 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly