国境、言葉を超えて 全18曲を披露、観客引き込む ジャズで日イ共演

 中央ジャカルタのフェアモントホテル内にあるライブ・レストラン「モーションブルー・ジャカルタ」で20、21両日、日本人ジャズピアニストの山野友佳子さん(29)とジャズシンガーの向香織さん(33)らがライブを開いた。インドネシア人ボサノヴァシンガーのメルシー・ドゥマイスさんらも加わり、日イの演奏家がジャズを通じて共演した。

 2日間にわたり会場はほぼ満席。ビールが大好きと いう山野さんは、ジャズの名曲とともに、オリジナル曲「先取りビアガーデン」などを披露。向さんはインドネシア語で音楽家イスマイル・マルズキ(1914〜58年)の「ジュウィタ・マラム」、メルシーさんは日本語でサザンオールスターズの「いとしのエリー」など18曲を披露、観客をジャズの世界に引き込んだ。
 向さんと山野さんは、日本で3年前に共演したことで知り合い、今回のライブにつながった。
 台湾や香港、フランス、スペイン、イギリス、アメリカなどで公演してきた山野さんが、インドネシアで演奏するのは初めて。海外で演奏する場合、音響設備が整っていないことが多いが、「(モーションブルー・ジャカルタは)他国に比べて音響設備がしっかりしている。インドネシアでの第1回目の演奏が素敵な場所でうれしい」と笑顔で話した。
 向さんは夫の駐在で1年前からジャカルタ在住。来イ後も音楽活動を続け、20回近くコンサートを開いてきた。モーションブルー・ジャカルタで歌うのは5月以来、2度目。「インドネシア人は踊ったり歌ったりするのが好きで、お客さんの盛り上げ方も上手。とにかくやりたいと希望する人には、まず1回はさせてもらえるから、チャンスが多い」という。
 すでに次回のインドネシアでのコンサートの計画について話しているという2人。山野さんは「ジャズを演奏する時、音楽の中でキャッチボールのように会話するから、相手を知ることがとても大切。次回は少人数でお互いをよく知って、もっと上の演奏をしたい」と話す。
 今回はギターやドラム、パーカッション、ベース、ボーカルを入れると6人と人数が多く、会って間もないまま限られた時間で音楽を作り上げたが、「それでも、共通の知っている曲があったり、国境や言葉を超えられるのはジャズの良いところ」と山野さん。
 向さんは「互いの国を知ってほしい。日本からアーティストを呼ぶだけでなく、インドネシアの演奏家らと一緒に音楽をつくって行きたい」と意気込みを語った。(毛利春香、写真も)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly