きれい、速い、楽しい スカイトレイン 乗り継ぎ便利に

 スカルノハッタ空港(バンテン州タンゲラン市)で17日から運行を開始した全自動無人運転車両システム(APMS)「スカイトレイン」。当面は第2と第3ターミナル間のみの運行だが、所要時間は約5分で乗り継ぎが便利になった。車内は清潔感があり涼しく、子どもたちも楽しめる。 
 スカイトレインに乗り降りする「シェルター」は、チェックインカウンターや搭乗口が設けられたターミナルとは別の場所にある。 
 第3ターミナルから利用する場合は、空港利用者が車やバス、タクシーなどから降りるドロップオフ・エリア(フロア2)から、エレベーターかエスカレーターでフロア1へ降りるとスカイトレインの乗り場へつながる。第2ターミナルのシェルターは建設中だが、車両の乗り降りは問題なくできる。 
 タンゲラン市在住のシティ・アミナス・シレガルさん(57)は娘と孫を連れて、北スマトラ州メダン市から遊びに来る親戚を車で迎えに来た。「車と比べると(車両は)涼しくてきれいで、速く、とっても便利。インドネシアでは計画があっても実現しないことが多い中、まだ全て完成していないとはいえ、運行を開始したこと自体がすごい」と笑顔で話した。 
 現在の運行時間は午前7〜同9時、正午〜午後2時、同5〜同7時。空港職員はシェルター付近にある時刻表で確認するか、同空港専用のスマートホン向けアプリで運行時間を確認するよう呼びかけている。(毛利春香、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly