汚職罪で禁固2年 労働移住省高官 太陽光発電事業

 労働移住省の太陽光発電事業に絡む汚職事件(推定損害額八十九億ルピア)に関与、収賄したとして汚職罪に問われていた同省行政施設局長のティマス・ギンティン被告の判決公判が二十七日、南ジャカルタの汚職特別法.....

総文字数 :318文字 残り218文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

政治 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly