邦人女性が手打撲 タクシー強盗未遂 南ジャカルタ

 二十三日午後十一時ごろ、南ジャカルタ・ウィジャヤの裏通りからタクシーに乗った邦人女性が運転手から金を要求され、手を棒でたたかれ打撲する事件が発生した。金銭的な被害はなかった。
 乗ったタクシーは白い車体の「エクセクティフ」。女性によると、運転手は二十代前半くらいの男性で、料金メーターを使用。女性はブロックM方面に向かおうと、通りを走行中のタクシーを停め、運転手に行き先を告げて乗車。通常は五分ほどの距離だが、タクシーは別方向に約三十分走行した。女性は行き先を数回確認したが運転手は無視。その後、運転手は人通りが少ない通りの路肩に車を停め、所持金すべてを出すよう棒で女性を脅迫した。
 女性は手の甲をたたかれたが、後部座席の左ドアから逃げ、たまたま通りかかった通行人に助けを求めた。タクシーは急発進してその場から去った。
 日本大使館はウェブサイトで、安全対策として「比較的安全と言われるブルーバードやシルバーバードの利用をお勧めします」と明記。「ただ、色や名称を似せたタクシー会社もあるため、注意が必要」としている。(岡坂泰寛)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly