ジャズ第3世代の新型 ホンダ ツートンカラーも

 ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は26日、南ジャカルタのスディルマン・セントラル・ビジネス地区(SCBD)で、新型ジャズ(日本名フィット)を発表した。 
 ジャズは2001年に販売を開始。現在、世界115の国や地域で400万台以上販売されるホンダのグローバル戦略車。04年にインドネシアに投入され、ハッチバック・ブームを巻き起こした人気モデル。インドネシアの累計販売台数は28万7千台を超えている。 
 今回は、14年に発表された第3世代モデルのMMC(マイナーモデルチェンジ)。 
 前面のグリルやバンパーのデザインをよりスポーティに、上級モデルのRSタイプには、LEDヘッドライトやデイタイム・ランニング(昼間点灯)ランプ、黒色鏡面加工のドアミラーなどが装備された。 
 インテリアは、シフトノブやハンドル、コンソールが黒のレザー仕様でオレンジ色のステッチが施されたシックなトーン。8インチのタッチスクリーン・ディスプレイを導入しスマートホンとの接続が可能。排ガス規制のユーロ4対応仕様となっている。 
 カラーは7色。RSタイプに、オレンジのボディーに黒の屋根のツートンカラーが加わった。価格は、RSタイプのマニュアル車が2億6250万ルピア、CTV(連続可変トランスミッション)仕様車は2億7250万ルピア。標準モデルのマニュアル車が2億3250万ルピア、CTV仕様車は2億4250万ルピア。(太田勉、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly