技師派遣で需要喚起 フルノが開所式 船舶用電子機器

 船舶用電子機器大手の古野電気は30日、中央ジャカルタのルミネホテルで、シンガポール子会社フルノ・シンガポールがことし1月に設立した現地法人フルノ・インドネシアの開所式典を開いた。国営石油ガス・プルタミナや造船業、漁業など従来の顧客に加え、国内全体での産業発達に伴う需要増に応える。
 漁船の能力向上に対応した高機能な機械の必要性をアピールするため、技師を現地に派遣したり、セミナーを開いたりするなど現地密着の営業を展開していく。売り上げ目標は将来的に10億円を見込む。
 造船所が集まるリアウ諸島州バタム島にサービスセンターを置き、フルノ・シンガポールと連携し事業拡張を図る。
 フルノ・シンガポールの崖耕司総経理は「今後、スラバヤやメダンなど、拠点を増やすことも考えている」と話した。
 古野電気はフルノ・シンガポールの前身の代理店リコの時代から、障害物を探知するレーダーや水深を測る音響測深機、GPSなどをインドネシア市場に販売、地盤を築いてきた。(平野慧、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly