100時間ノンストップ運転 ポンプ10モデルで挑戦 パナソニック

 パナソニック・ゴーベル・インドネシア(PGI)は22日、南ジャカルタのカルフール・ルバック・ブルス店で、取水ポンプの商品耐久力を示そうと、100時間のノンストップ運転に挑戦するイベントを開始した。
 国内記録を認定するインドネシア記録博物館の係員立ち会いの下、午前11時、取水ポンプのスタートスイッチボタンが押された。目標時間は26日午後3時、確認作業も含め同午後5時に記録が発表される予定。
 PGIは2009年に、30時間ノンストップ運転の記録を達成しているが、今回はその3倍以上の時間になる。
 同日発表された新型モデルGA―126JAKをはじめ、現在インドネシア国内で販売している全10のモデルで記録更新に挑戦する。
 PGIの堀内康武アドバイザーは「100時間運転は工場テストで達成している。耐久性はパナソニックのポンプの特徴の一つ」と自信を見せた。

■ポンプ100台を寄贈

 PGIは同日、ジャボデタベック(ジャカルタ、ボゴール、デポック、タンゲラン、ブカシ)内にある学校やモスクなどの公共施設に、100台のポンプを寄贈すると発表した。ライオンズ・クラブ・ジャカルタ・モナス・カリンガを通じて配布する。
 PGIの多田直之マーケティング担当取締役は「地域に積極的に貢献するという企業方針の下、今後もインドネシアの人々のより良い生活、未来に貢献していきたい」と語った。(太田勉、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly