各部意気込む

 2015年度後期各部の優勝監督・選手が今期への意気込みを語った。
<1部> 引き続き頑張る 加納照彦監督 (アストラA)
 後期の4試合目から監督に就任したが、選手たちの協力を得て優勝することができた。選手が自分の役割をきちんとこなして安定した試合運びをしていた。今期も引き続き頑張っていきたい。
<2部> 常に諦めない 菓子豊文監督 (東急リングス)
 常に諦めない姿勢を持って戦ったことが優勝につながったと思う。1部に昇格してレベルが上がっていくので、まずは残留を目標にしていきたい。
<3部> この調子で挑戦 砂町康二キャプテン (ライガース)
 昨季は全勝優勝することができた。投打の柱となる選手がいるので、この調子で2部にも挑戦していきたい。
<4部> 残留目指す 増田剛マネジャー (大林)
 チーム一丸となった結果として、優勝することができた。前回3部に上がった際はすぐに4部に戻ってしまったので、今回は残留できるように頑張りたい。

過去記事(1998~2012) の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly