ボジョレ解禁 パリのテロ影響で待ちわびた味 ジャカルタで200人祝宴

 在インドネシア・フランス商工会議所(IFCCI)は11日、中央ジャカルタのホテル「ル・メリディアン・ジャカルタ」でフランスのボジョレ地方産のワイン「ボジョレ・ヌーボー」の解禁を祝うイベントを開いた。パリの同時多発テロの影響で約1カ月延期されていたが、フランス大使館のピエール・アントワン・グーナン領事は「(テロの翌日には)インドネシア政府から支援のメッセージをもらった」と振り返り、出席者らと解禁の祝杯を味わった。 
 同ワインは毎年、11月3週目の木曜に解禁されるが、ことしは11月13日に発生したパリの同時多発テロを受け延期されていた。
 フランス大使の代理として出席したグーナン領事は「インドネシアはムスリムの人口が多い中でもさまざまな宗教が平和に共存している国。インドネシア政府からの支援の声に応えるために、テロ対策で今後も協力していく」と話した。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)日本政府代表部の相星孝一大使や、アジア、欧州などの各国大使館関係者ら約200人が集った。IFCCIによるとインドネシアにフランスから直輸入されたボジョレ・ヌーボーは計250本。来場者はフランス料理やチーズなどと一緒にワインの味を楽しんだ。バリでも同イベントを開く予定。(毛利春香、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly