高速鉄道 日本に追い風 西ジャワ州知事が推薦 大統領 独立記念日に発表か

 日中が競うジャカルタ〜西ジャワ州バンドン間の高速鉄道計画について、地元西ジャワ州のアフマッド・ヘルヤワン知事は日本型の新幹線導入を強く推す発言をしている。地元メディアでは日本が有利との報道が目立っているが、最終的な決定権を持つジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は明言を避け、独立記念日の8月17日にも事業計画に関する発表をするとしている。

 バンドン市のリドワン・カミル市長がコンパスコムに明らかにしたところによると、同市長とアフマッド知事、ゴーベル商業相の3者会合が21日にあり、高速鉄道計画が話題に上った。その際にアフマッド知事は「高速鉄道は日本だ。他ではだめだ」と述べたという。それに対し、ゴーベル商業相が西ジャワ州の意見として中央政府に日本にすべきと勧告するよう進言。知事は前向きな姿勢を示したという。
 バンドン市は人口の75%が自家用の自動車やオートバイを利用しており、公共交通機関の利用率は低い。4月にはアジア・アフリカ会議60周年記念会議が開催され、観光地としても発展しているが、鉄道でも車でもジャカルタからは3時間以上かかる。週末には首都圏から流入する車が引き起こす渋滞が深刻化している。
 鉄道は現在、中央ジャカルタのガンビル〜バンドン(166キロ)を約3時間で結ぶ特急アルゴ・パラヒャンガンが1日往復16本ほど運行している。高速鉄道では30分程度と所要時間が6分の1へと大幅短縮される見込みで、さらに観光客が増えると期待されている。
 同知事のほか、カラ副大統領の経済専門チーム代表で経営者協会(アピンド)前会長のソフヤン・ワナンディ氏が14日「日本がより良いと見ている」と述べるなど、地元メディアでは日本側を推す声が上がる。
 ただ大統領や副大統領、所轄の大臣などは発言を控えている。アンドリノフ・チャニアゴ国家開発計画相はフランスも事業に参加させると発言するなど、情勢は流動的だ。同相によると、毎週政府内で高速鉄道計画が議題に上がっているという。
 ルフット・パンジャイタン大統領主席補佐官は「独立70周年を迎える8月17日に(事業計画に関する)決断を下す」と発表時期を示唆。日中両国の提案を精査した上で、政府は今年中に入札を終える方針を示している。(堀之内健史)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly