ジョクジャ支部開設 元日本留学生協会  「活動の円滑化を」

 元日本留学生協会(プルサダ)は十一日、ジョクジャカルタ特別州のガジャマダ大学でジョクジャカルタ支部の発足式を行った。プルサダの支部はインドネシア各地で十五番目。プルサダは五十人以上の会員が集まることで支部結成が可能で、ガジャマダ大学内で卒業生や教員など百七十人の元留学生がいたことから支部の開設に至ったという。
 式典には初代支部長に任命された、ガジャマダ大学農業工学部長のジャガル氏のほか、プルサダのイスマディ副会長や同大の関係者ら約二十五人が参加。
 式典でジャガル支部長は「皆で力を合わせ、プルサダが日本とインドネシアの懸け橋になれるよう頑張っていきたい」とあいさつした。
 ジャガル支部長らはこれまで、ジョクジャカルタでムラピ山の被災者に対しSR(社会的責任)活動などを行ってきており、現在は大使館などとともにプログラムを考案中。今回の支部発足でより円滑に文化活動などを行っていきたいという。
 プルサダは西ジャワや東ジャワ州、ランプン、北スマトラ州などに支部を持ち、今年一月には中部ジャワ州ソロにも新しく開設するなど、インドネシア各地で活動を展開している。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly