洪水対策に人工降雨 飛行機不足が課題 ジャカルタ豪雨

 豪雨被害を食い止めようと、ジャカルタ特別州のジョコウィ知事はこのほど、人工的な雨で降雨場所や時期をずらすことができる人工降雨対策を導入すると明らかにした。ジャカルタの降雨量減少を狙う。
 同州は国家災害対策庁(BNPB)、科学技術応用評価庁(BPPT)、空軍と協力する。雲の下に雨粒の核になる食塩をまき、人口降雨をジャワ海に降らせる計画だ。13日にジョコウィ知事が各方面に要請した。
 BNPBは19日までに、輸送機3機を投入し2万1240トンの食塩を投下。さらに空軍に増援を要請しているが、他の被災地救援を優先したため、飛行機不足になっている。BPPTの人口降雨専門家のヘル・ウィドド氏は「人工降雨は洪水対策に有効。13年には月間降雨量を30%削減することができた」とし「飛行機確保が喫っきんの課題」と危機感をあらわにした。
 BNPBは雨期のピーク(1月〜3月)に実施する人口降雨対策に2014年予算から200億ルピアを割り当てる。同州もジョコウィ知事によると、昨年10月に180億ルピアを充てる予算案を州議会に出したが承認されておらず、対策遅れの一因になっているようだ。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly