フリーポート社から授受 「警備報酬」認める  10年で3倍、年1400万ドルに 国家警察

パプア州ティミカの金・銅鉱山を採掘するフリーポート・インドネシア社が、鉱山を警備する警察官・国軍兵士に非公式の報酬を支払っていた問題で、国家警察は一日、資金授受を認め、会計検査を受ける用意があると表明.....

総文字数 :685文字 残り585文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly