スマトラサイ生息か 90年代に絶滅説 カリマンタンで痕跡

 世界自然保護基金(WWF)インドネシアは28日、東カリマンタン州西クタイ県の森林での調査で、スマトラサイが生息している痕跡を発見したと発表した。カリマンタン島内のスマトラサイは1990年代に絶滅したとみられていた。
 調査は2月、WWFインドネシアが県森林管理当局、地元大学などと共同で実施。足跡や泥浴び、角研ぎの跡を見つけ、複数の専門家により、痕跡はスマトラサイのものである可能性が高いと判断された。
WWFインドネシアなどは今後、生息域や頭数について詳しい調査を続ける。 
 スマトラサイは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危ぐ種リストに登録されており、スマトラ島やマレー半島を含め、生息数は世界で数百頭とされている。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly