2014年大統領選グラフ 熱狂、新指導者選びの100日間 (2014年07月14日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 3月14日、ジョコウィ氏の電撃的な出馬宣言が口火となり大統領選が始まった。7月9日の投票日までジョコウィ氏かプラボウォ氏か、国中がその熱狂の渦に巻き込まれた。両陣営は活発なキャンペーンを仕掛け、メディアも2人の候補者の動きを追った。今後5年間、2億4千万人のリーダーとなる人物を選ぶ至福と混迷に満ちた100日間を写真で報告する。

「プレシデン・プラボウォ(プラボウォ大統領)が勝利した」と熱狂し、候補者番号の「1」を意味する人差し指を掲げる支持者たち=南ジャカルタ・クバヨランバルで、小塩航大
「プレシデン・プラボウォ(プラボウォ大統領)が勝利した」と熱狂し、候補者番号の「1」を意味する人差し指を掲げる支持者たち=南ジャカルタ・クバヨランバルで、小塩航大
7月9日投票を終えたジョコウィ氏とイリアナ夫人は2本の指にインクを付け、ジョコウィ氏の候補者番号「2」を示すポーズをした=中央ジャカルタ・スロパティ公園で、佐藤拓也
7月9日投票を終えたジョコウィ氏とイリアナ夫人は2本の指にインクを付け、ジョコウィ氏の候補者番号「2」を示すポーズをした=中央ジャカルタ・スロパティ公園で、佐藤拓也

7月9日、投票する女性=アチェ州で、アンタラ通信
7月9日、投票する女性=アチェ州で、アンタラ通信
コンサート会場でジョコウィ、カラ氏の候補者番号である2番を訴える支持者=7月5日中央ジャカルタ・ブンカルノ競技場で写真、アンタラ通信
コンサート会場でジョコウィ、カラ氏の候補者番号である2番を訴える支持者=7月5日中央ジャカルタ・ブンカルノ競技場で写真、アンタラ通信

プラボウォ、ハッタ氏のお面をつけて選挙運動をする支持者=7月5日南スラウェシ・マカッサルで、アンタラ通信
プラボウォ、ハッタ氏のお面をつけて選挙運動をする支持者=7月5日南スラウェシ・マカッサルで、アンタラ通信
7月5日、最後のテレビ討論会では両陣営が食糧、エネルギー、環境について議論した。ジョコウィ、カラ氏ペア=中央ジャカルタで、アンタラ通信
7月5日、最後のテレビ討論会では両陣営が食糧、エネルギー、環境について議論した。ジョコウィ、カラ氏ペア=中央ジャカルタで、アンタラ通信

7月5日、最後のテレビ討論会では両陣営が食糧、エネルギー、環境について議論した。左はプラボウォ、ハッタ氏ペア=中央ジャカルタで、アンタラ通信
7月5日、最後のテレビ討論会では両陣営が食糧、エネルギー、環境について議論した。左はプラボウォ、ハッタ氏ペア=中央ジャカルタで、アンタラ通信
7月9日、ジョコウィ氏の勝利宣言を取材する報道陣や支持者たち=中央ジャカルタ・プロクラマシ記念碑で、藤本迅
7月9日、ジョコウィ氏の勝利宣言を取材する報道陣や支持者たち=中央ジャカルタ・プロクラマシ記念碑で、藤本迅

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧