最新の一面トップ

ラマダン特需が12%増 「実質消費は変わらず」 経営者協会 (07/26)

 経営者協会(アピンド)によると、今年のラマダン(断食月)・レバラン(断食月明け大祭)期間中の小売業界全体の売上は前年同期比12%ほど増加して、14兆ルピアになる見込みだ。アピンドは通貨安による輸入…

全文を読む

本日の写真

 東ジャワ州スラバヤにあるアトゥム市場で23日、女性の店員がさまざまな種類のクッキーを売った=写真、アンタラ通信。同市場ではレバランの時期に2倍も売り上げがあり、店員のもうけも増える。レバランの時、インドネシア風のドライクッキーは大人気という。

インドネシアに住む邦人の日々を綴ったコラムです。

火焔樹
火焔樹

インドネシアに住む邦人、インドネシア人おすすめのお店を紹介します。

この店おすすめ
この店おすすめ