【写真劇場】水田に散る「黄金」 (2014年03月28日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 「水田に散らばる黄金」。アノンさん(63)がこう表現する獲物を、暗闇の水田で二つの光が追う。小さな網の中にすっぽり収まったのは、拳ほどの大きさのカエルだ。
 西ジャワ州ボゴールのチマンデ村に住むアノンさんは、カエルハンター歴48年のベテラン。弟子のヘルマン・メオンさん(35)とともに4時間の猟で50〜100匹ほど捕る。
 カエルはボゴールの市場で売り、1日50万ルピアほどの収入になる。カエルは中華料理屋などで消費されるほか、フランス料理でも使われるため、欧州などへも輸出される。
 足が悪いアノンさんは現在週3度の労働。それでも「カエルは取引値が高く、夫婦で十分に暮らしていける」(堀之内健史、写真も)

「今日も大猟」と次々とカエルを捕るアノンさん
「今日も大猟」と次々とカエルを捕るアノンさん
網に入ったカエル
網に入ったカエル

捕獲したカエルは箱に入れて売却する
捕獲したカエルは箱に入れて売却する
捕ったカエルは専用のリュックに脇から入れる
捕ったカエルは専用のリュックに脇から入れる

水田の中のカエルを探す
水田の中のカエルを探す

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧