【火焔樹】ジャパニーズオンリー (2014年03月20日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 ずいぶん前だが、日本人の少年野球のコーチを募集しているので応募した。当時、私はインドネシア名を名乗っていたせいか、野球を知らないからと断られた。電話だったし、インドネシア人=野球を知らないという一般的な印象を与えたのだろう。わからないでもない。でも、私は野球が好きで都市対抗の地方予選に出場したこともある。もう少し説明すればよかった。
 図書館で本を貸してくれるというので借りに行ったら、メンバーにしか貸せませんとのことだった。メンバーになりたいと申し出たら、日本人のみとのことだったので、とっさに日本名で登録した。日本名を名乗ったので日本人だと思われたのだろう。本当のことを言わないで申し訳なかった。私の正直な気持ちは「意識の半分は日本人」です。
 韓国の硬式野球チームに入れてもらった。野球が好きなら、日本人、インドネシア人誰でも大歓迎だそうだ。そして韓国が好きなら、コリアンクラブにも入れてくれるそうだ。これで好きな野球ができ、ハングルも勉強したくなった。オープンだなと思った。
 私たちハーフが特殊な例と、よく承知している。でも、ひまわり会(インドネシア人男性と結婚した日本人女性の会)のメンバーは約300人と聞く。会に入っていない方も多く、その子弟は少しずつ増えている。
 Jリーグの浦和レッズが観客席に「ジャパニーズオンリー」の横断幕をかけて、処分された。特殊な例も少しずつ特殊ではなくなっていくと思う。(ジャカルタお掃除クラブ(JOC)代表、芦田つよし)

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧