力強く、スポーティ ダイハツ セニア・カスタム発表 (2017年11月15日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)はこのほど、バンテン州タンゲランのダイハツ・アストラ・ビズ・センターで、低価格帯多目的車(MPV)セニアのカスタム・バリエーションを発表した。 
 新バリエーションは「グレート・ニュー・セニア・カスタム」。力強さとスポーティさをコンセプトに、前後のエアロパーツやサイドストーンガードを装着。ダイナミックで高級感を全面に出した。インテリアには、7インチのタッチスクリーン画面やリアカメラを装備。色はホワイトのみ。価格は、マニュアル車が2億240万ルピア、オートマチックが2億1330万ルピア。 
 セニアは2003年12月に発表、04年に販売された低価格帯MPVの先駆け。11年にモデルチェンジを行い現モデルが2代目にあたる。同社の主力モデルの一つで、ことし1月から10月までの販売は3万1743台。(太田勉)

グレート・ニュー・セニア・カスタムを発表する三浦哲雄副社長(左から2人目)と竹田眞也広報担当取締役(右端)ら=ADM提供
グレート・ニュー・セニア・カスタムを発表する三浦哲雄副社長(左から2人目)と竹田眞也広報担当取締役(右端)ら=ADM提供

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧